概要

本校の教育

学校からのお知らせ

ブログ

所在地

平成31年度 教育目標及び方針

                                  高松市立屋島中学校


1 教育目標

   思いやりの心をもち、自ら学び、互いに高めあう生徒の育成


2 めざす生徒像

○ 思いやりの心をもち、互いに助け合う生徒

○ 夢に向かって自ら学ぶ生徒

○ 地域を愛し、地域から愛される生徒


3 めざす教師像

〇 情熱と責任をもち、生徒に寄り添いながら支援する教師

〇 やさしさと厳しさをもち、生徒と共に成長する教師

〇 自己研鑽に努め、生徒・保護者・地域に信頼される教師


4 学校経営方針

(1)  生きる力をはぐくむ教育課程の実施

 @ 主体的な学びを育てる学習指導の推進

  ・授業規律と学習習慣の確立

  ・「活動し、考える」「活動し、表現する」活動型授業の創造

 A 社会の変化に対応できる資質と能力の育成

  ・国際理解に基づき、寛容的、共感的に受容する態度の育成

  ・情報活用能力(取捨選択、真偽を見極める力)と情報モラルの育成

 B 一人一人を伸ばす特別支援教育の充実

  ・教育的ニーズを把握し、自立に向けた支援の充実

  ・全教職員で取り組む特別支援教育の推進

(2) 豊かな人間性や社会性を培う教育の推進

 @ 自己教育力を高める生徒指導の推進

  ・一人一人に充実感をもたせる学習指導と学級経営の工夫

  ・教師と生徒の温かみのある人間的な信頼関係の樹立

  ・基本的な生活習慣の確立と社会規範意識の向上

  ・個に寄り添い心の安定を図る教育相談体制の確立

 A 豊かな心をはぐくむ道徳教育の充実

  ・教育活動全体を通じて取り組む道徳教育の推進

  ・自分の考えをもたせ、議論する道徳の時間の展開

  ・家庭や地域社会と連携した道徳的意欲と態度の育成

 B 自主的実践的な態度の育成を図る特別活動の推進

  ・一人一人の個性や能力の伸張とお互いを高め合う学級・学年づくり

  ・自発性や自治性、奉仕の精神を育てる学級・学年・生徒会活動の推進

 C 一人一人の適性や能力を伸ばすキャリア教育の充実

  ・生き方学習としての進路指導の推進

  ・社会的・職業的に自立して生きていくための能力・態度の育成

(3) たくましい心身をはぐくむ体育・健康教育の推進

 @ 個に応じた体育学習の充実

 A 健康・安全管理能力の育成

 B 部活動の活性化

(4) 人権尊重の精神に徹した人権・同和教育の推進

 @ 人権・同和教育に対する基本的認識の確立

 A 人権・同和教育にかかる指導内容・指導方法の改善と充実

 B 小中連携の強化と保護者啓発の充実

(5) 教職員の資質の向上

 @ コンプライアンス(法令遵守)の精神を高め、高い職業意識の醸成

 A 教育者としての専門的知識や技能を高める研修の充実

 B 授業力向上を目指した教材研究と指導法の工夫

(6) 開かれた学校運営

 @ 協働態勢による学校運営

  ・教育目標達成のための活力のある組織づくりと運営
 
  ・アンケート調査による実態の把握と改善策の検討

 A 生徒や保護者、地域への情報提供と協力体制の確立

  ・学校関係者評価の実施及び公開

  ・学校運営協議会を核とした地域連携の強化と学校Webページを活用した情報発信


5 本年度の重点目標

(1) 基礎・基本の定着を図り、学力の向上に努める

  ・国や県の調査結果等に基づいた授業改善を推進する。
   
  ・「活動し、考える」「活動し、表現する」活動型の授業づくりを推進する。

  ・「学習の手引き」を活用し、望ましい家庭学習の習慣化に向けた取組を行う。

  ・朝の読書や寛学週間を活用し、読書の習慣を身に付けさせる。

(2) 豊かな人間性と社会性を培う教育を推進する

  ・部活動と連携し、時と場所と場合(TPO)に応じた言葉遣いやマナーを身に付ける指導を行う。
 
  ・「思いやり」「感謝」をテーマとした全校道徳を実践する。

  ・チームとして、生徒との人間関係を複数ルート構築し、問題行動等の早期発見・早期対応・未然防止
  に努めるとともに、組織的指導体制を確立する。

  ・人権・同和教育の基本的認識に立ち、自他の人権を尊重する態度を育成する。

(3) 教職員としての資質向上と自己研鑽に努める

  ・学力向上モデル校事業への取り組みを通して、子どもにアジャストした授業改善を進める。

  ・コンプライアンス(法令遵守)の精神を高め、交通事故・違反、不祥事の根絶をめざす。

(4) 開かれた学校運営と信頼される学校づくりに努める

  ・人間関係を基盤とした活力のある組織づくりと保護者、地域との協力体制を構築する。

  ・学校評価及び学校関係者評価等の結果及び改善策の公表を行う。

  ・学校Webページやブログを活用した情報提供及び発信の工夫を行う。

(5) 教職員の働き方改革を推進する。

  ・会議資料を事前に配布するなどして、職員会議等の時間短縮を図る。

  ・勤務時間記録を各教職員に返すなどして、長時間勤務の改善に向けた意識改革を進める。