高松市立勝賀中学校
校訓 「創造 誠実 剛健」
学校教育目標 「豊かな心とたくましい体をもつ生徒の育成」

 

「幸せな春を迎えるために」                      全校朝礼 (R3.10.25)

 おはようございます。

 先週、合唱コンクールがありました。昨年度は新型コロナウイルス感染防止から中止となり、とくに3年生は
最後の合唱コンクールができず残念で悔しい思いをさせてしまいました。今年も実施するかどうか悩んだところ
ですが、皆さんの日頃の頑張っている姿に元気をもらっている先生方が、皆さんの思い出づくりがしたいと、コ
ロナ禍のなかで、どうすれば合唱コンクールが実施できるか一生懸命計画・準備をしてくださいました。2年前
のように大きなホールでの実施でもなく、全校生徒での実施でもなく、保護者の皆さんにも見ていただくことも
できない状況ではありました。また、マスクをしての合唱であったり、日々の練習にもずいぶんと苦労したりし
たことでしょう。このように、制限だらけの合唱コンクールではありましたが、終わってみて皆さんはどのよう
な感想をもっているでしょうか。恵まれた施設の中で、十分な練習をし、大勢の前で合唱し、大きな拍手をもら
う、大きな感動と満足感が得られると思います。私は皆さんにそのような感動や満足感を味わってもらうことが
できなかったことは大変残念に思っています。しかし私は、今回の合唱コンクールで、制限だらけで不満さえ感
じる中でも、与えられた状況に文句を言うのではなく、その中で私たちは何ができるのか、どうすれば少しでも
良いものができるのかという考え方や気持ちが育ってくれればと願っていました。与えられた環境やルールの中
で何ができるか、どうすれば少しでも良いものになるかという姿勢をこれからも大切に育んでもらいたいし、今
回の合唱コンクールで、ほんの少しでもそのような事を感じてくれていたとすれば私はとてもうれしく思います
し、頑張ってくれた皆さんに心から「ありがとう」と言いたいです。また、皆さんに寄り添い全力でバックアッ
プをしていただいた先生方にも深く感謝いたします。

 さて、季節は秋になってきました。秋といえば「読書の秋」とか「食欲の秋」とかいろいろといわれますが、
四季の中でも「秋」は特別に暑くも寒くもなく穏やかですがすがしくとても過ごしやすいので、色々なことに
集中できる季節であるといわれています。秋に頑張り、寒い冬を耐えながら力をつけ、その成果が春に花咲か
せるのです。1・2年生は4月から始まる新学年に向けて、そして3年生は「合格」という花を咲かせるため
に、この秋を大切に過ごしながらしっかりと力をつけてもらいたいと思います。
 

 最後に、最近の報道などでは、陽性確認の人数は大きく減ってきましたがまだまだ油断はできません。これか
らも新型コロナウイルス感染防止対策を徹底してください。そして、これから寒い時期を迎えるにあたり、風邪
やインフルエンザ対策にもしっかりと取り組むようお願いします。

 以上で、お話を終わります。

                                                             

  「校長室から NO 7」   高松市立勝賀中学校 校長 中島 宏晃


  

Copyright © 2006 Katuga Junior High School. All rights reserved.