Sogo Elementary School 高松市立十河小学校
トップページ 学校の紹介 ブログ「四季折々」 学校からのお知らせ
特色ある教育活動

十河の香り活動 十河の香り活動は、5領域カリキュラムの一環として、毎週水曜日の2,3校時に行われています。学年解体をし、低・中・高学年で各コースに30名程度になるように、年度当初に子どもたちの希望を加味しながら編成作業を行っていきました。低学年は、生活科の中に位置づけて学習を進めています。中・高学年については「水と緑の香り」「歴史と文化の香り」「人の技の香り」の大きな枠組みのもと、細かなコース分けをしています。(詳しくは「地域創生の教育課程」を参照してください。)
農業体験や地域の調べ学習など、様々な活動において地域の方々からの支援を受けながら、地域の方とともに十河を盛り上げていこうと頑張っているところです。

様々な体験活動
社会科・生活科研究 平成28年度には、本校で「全国小学校社会科研究協議会研究大会」が開催され、全校一丸となって進めてきた社会科の研究成果を全国の先生方に見ていただきました。文部科学省より澤井陽介教科調査官をお招きし、たいへん高い評価をいただくことができました。午前中やお昼の香り活動では、地域の方々にご協力いただいたことで、「地域に開かれた教育課程」の具体的な姿を示すことができました。
3年社会科公開授業
全校生で取り組む
無言清掃・自主清掃
昨年の4月から掃除の時間には話をしないで静かに掃除をしようと,無言清掃に取り組みはじめました。今では無言で一生懸命に清掃に取り組み,一人一人が美しい学校にしようとがんばっています。
また,最高学年である6年生は玄関や1階フロアー・階段等の自主清掃を行っています。6年生の姿を見ながら,5年生や4年生,下学年の子どもたちの心も育ってきています。長年続いている良き伝統をこれからも継承していきたいと思います。

無言清掃
なかよし活動 1年生から6年生までの縦割グループをつくり,「なかよし給食」「なかよし遊び」「なかよしボランティア清掃」「なかよし大縄跳び」など,異学年活動を実施しています。6年生がリーダーとなって企画・運営し,上学年の児童が下学年の児童を助け,交流の楽しさを味わっています。                      

なかよし活動